2011年06月19日

マルモのおきて 第一話 ネタバレ

マルモのおきて 第一話のあらすじは...

学生時代、野球部で万年補欠のキャッチャーだった高木護(阿部サダヲ)は、野球部の同窓会でピッチャー(エース)だった親友の笹倉純一郎(葛山信吾)と久しぶりに再会する。

後日、護の元に純一郎が来るが、目の前に自分が好意を寄せる広報部の牧村かな(滝沢沙織)を見つけ、話もそこそこに切り上げてしまう。

ところが後日、野球部の仲間から純一郎の訃報を聞いた護。ひどくショックを受けるが、それ以上に純一郎の気配りに驚く。実は末期がんにおかされていた純一郎…周りにも護にだけは言わないでくれと口止めをしていたのだ。

葬儀場で、双子の子供が離れ離れになることを知り、純一郎の子供は一緒にいるべきであるという言葉を思い出すが、何もできない護。

ある日、友樹(鈴木福)が引き取られた先からいなくなる...薫(芦田愛菜)と護が一緒に探しに行くと、公園で発見!しかも何故かしゃべる犬のと一緒に…

紆余曲折もあったが、3人は一緒に暮らすことに、というか3人と一匹の奇妙な生活が始まる。

マルモのおきて 第二話に続く…

posted by はやと3llf at 13:42| Comment(0) | マルモのおきて 第一話 ネタバレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。